HOME > お知らせ > 31日 原油は続落、米中貿易戦争の激化懸念で

お知らせ

31日 原油は続落、米中貿易戦争の激化懸念で

2019.05.31

11時15分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場(7月限)は、前日比50セント安の56.09ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(7月限)は同64セント安の66.23ドル/バレルで推移している。

米中貿易戦争の動向も注視されている。関税の掛け合いから米国による華為技術(ファーウェイ)への輸出規制や中国のレアアース(希土類)の対米輸出制限など、具体的な品目を対象とする新たなステージに移行したとみられている。

日経平均株価は前日比148円82銭安の2万793円71銭で推移している。

ドル円相場は1ドル=109.32円と、前日17時時点(109.75円)からドル安・円高方向に振れている。