HOME > お知らせ > 中国=2018年に新エネ車販売、100万台超に

お知らせ

中国=2018年に新エネ車販売、100万台超に

2017.12.18

 中国汽車工業協会がまとめた統計によると、2017年1~11月の新エネルギー車(新エネ車)の生産と販売の台数はそれぞれ63万9,000台および60万9,000台に達した。それぞれ前年同期比で49.7%、51.4%の増加となっている。

 この新エネ車市場の拡大は生産、販売ともに電気自動車によりもたらされている。10月には新エネ車の全体の販売台数のうち86%を電気自動車が占めた。電気自動車の生産は1~11月に53万2,000台、販売は50万4,000台となり、それぞれ56.6%、59.4%、前年から増加した。

 新エネ車の生産基地は山東、江蘇、浙江、広東、上海など、おもに中国の東海岸に位置している。電気自動車を生産する会社のうち9社がこのエリアに位置しており、全体の41%を生産している。さらに電気自動車の販売台数の上位10都市も同様に、中国の東海岸に面しており、新エネ車に対する強い需要を抱える都市群の近くに、電気自動車の生産会社が位置することで、市場の拡大を呼び込んでいる。

 こうした状況下、2018年には新エネ車の販売台数が40~50%の伸びを示し、100万台を上回ると予想されている。