HOME > お知らせ > 10日午前 原油は続伸、需給のタイト化が意識され買い優勢

お知らせ

10日午前 原油は続伸、需給のタイト化が意識され買い優勢

2018.01.10

11時15分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場(2月限)は、前日比54セント高の63.50ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(3月限)は、同39セント高の69.21ドル/バレルと、いずれも続伸している。

米エネルギー情報局(EIA)が9日に発表した短期エネルギー市場見通しで、2018年の世界石油需要が2017年比で増加するとの見通しが示された。

日経平均株価は前日比41円88銭安の2万3,808円11銭で推移している。
ドル円相場は1ドル=112.23円と、前日17時時点(112.75円)と比べ、ややドル安・円高方向に振れている。