HOME > お知らせ > レックス22=5日続伸、旺盛な需要を受け国内灯油が強含み

お知らせ

レックス22=5日続伸、旺盛な需要を受け国内灯油が強含み

2019.11.28

 28日のリムエネルギー総合指数22種(レックス22)は、93.53と前日比0.42ポイント高と5日続伸した。国内(9種)は95.81(前日比0.15上昇)、輸入(9種)は93.57 (同0.72上昇)、輸出(4種)は91.20(同0.40上昇)。
 国内指数は、総じて上昇。灯油は京浜渡しで同1.10ポイント、阪神渡しで同0.92ポイントそれぞれ切り上がった。先物価格の上昇に加え、堅調な需要を反映し相場は引き上げられた。軽油は京浜渡しで同1.27ポイント上昇したものの、阪神渡しでは同0.09ポイント小幅に下落した京浜渡しでは先物価格の上昇を映した。一方、阪神渡しでは売り圧力の台頭を反映した。
 輸出入指数は総じて上昇。アジア取引時間内の原油高を反映し、相場は上昇した。ナフサは同1.83ポイント高。輸出入のジェット燃料は同1.01ポイント超の上げ幅となった。一方、ベンゼンは同0.47ポイント超の下げ幅となった。米国のベンゼン相場安を反映した。輸入の液化天然ガス(LNG)は同0.75ポイント下落した。需要の後退を受けた。