HOME > お知らせ > 18日 原油は反落、事前予想に反するAPI在庫増で

お知らせ

18日 原油は反落、事前予想に反するAPI在庫増で

2019.12.18

 11時15分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場(1月限)は、前日比38セント安の60.56ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(2月限)は、同29セント安の65.81ドル/バレルと、いずれも反落している。
 米石油協会(API)が17日に発表した週間統計で、米原油在庫が事前の減少予想に反して増加したことが、「弱材料として働いた」(マーケットエッジ=小菅努代表取締役)という。APIの週間統計では、米原油在庫が前週から470万バレル増加した。
 日経平均株価は前日比70円42銭安の2万3,995円70銭で推移している。ドル円相場は1ドル=109.43円と、前日17時時点(109.60円)と比べてドル安・円高方向に振れている。

◎リムエネルギー総合指数22種(レックス22、2010年平均=100): 98.31 (↑0.78)