HOME > お知らせ > JX日鉱日石エネ=7月1日付で「鹿島事業所」を設置

お知らせ

JX日鉱日石エネ=7月1日付で「鹿島事業所」を設置

2015.06.03

JX日鉱日石エネルギーは2日、7月1日付で「鹿島事業所」を設置すると発表した。同社は鹿島コンビナート内でSDA装置(溶剤脱れき装置)およびピッチ焚きボイラの本格稼働に向け、準備を進めており、装置運転および関連業務の管理体制を整えた。市場関係者によると、試運転は今秋となりそうだ。

鹿島製油所に新設するSDA装置は処理能力が日量1万8,000バレル。SDA装置は石油精製の過程で生成する重質油を脱れき油と超重質の抽出残渣SDAピッチに分離する。脱れき油は分解して石油化学製品原料や軽油製品に、SDAピッチはボイラーおよびタービン発電設備で燃料として使う。需要減退に伴い余剰感がある重質油を付加価値の高い製品にすることでグループの製造競争力を高める。