HOME > お知らせ > 富士石油=袖ヶ浦製油所の補修工事が完了、順次立ち上げへ

お知らせ

富士石油=袖ヶ浦製油所の補修工事が完了、順次立ち上げへ

2015.08.24

富士石油は24日、20日午前に袖ヶ浦製油所(日量14万3,000バレル)で発生した火災で、一時停止していた装置の立ち上げ作業に入ったことを明らかにした。同社広報によると、出火が確認された第3接触改質装置などの補修工事が23日に完了。24日午前に千葉県袖ヶ浦消防署より稼働再開許可を取得し、同日午後1時より立ち上げ作業に入ったという。
ただ、依然として稼働率は落としている状態とあって、通常の稼働率に戻る明確な日付は未定という。