HOME > お知らせ > EIA=ブラジル、インドネシア、ノルウェーの国別レポートを更新

お知らせ

EIA=ブラジル、インドネシア、ノルウェーの国別レポートを更新

2015.10.30

米エネルギー情報局(EIA)はこのほど、ブラジル、インドネシア、ノルウェーに関する国別レポートの内容を更新し、それぞれ発表した。

 

≪ブラジル≫

世界第8位のエネルギー消費国であるブラジル。原油の確認埋蔵量は、150億バレル(2015年1月1日現在)で、南米大陸でベネズラに次ぐ第2位だ。2014年の原油生産量は、日量220万バレル、バイオ燃料が同55万1,000バレル。同年の原油輸出量は、前年比36%増の同51万9,000バレルだった。とりわけ、米国への輸出量が、同14万5,000バレルで、前年に比べ30%増になったという。国内17カ所にある製油所の総精製能力は、日量240万バレルで、前年比で6.8%増加した。

ブラジルは、米国に次ぐ世界第2位のエタノール生産国だ。2014年のエタノール生産量は、前年比4%増の同49万3,000バレルだった。一方、天然ガスの確認埋蔵量は、16兆立方フィート(2015年1月1日現在)。14年の生産量は、前年比13.2%増の1兆1,300万立方フィート。輸入量は同5.4%増の6,145億立方フィート、消費量は、同6.3%増の1兆4,000億立方フィートだった。

 

 ≪インドネシア≫

インドネシアにおける原油の確認埋蔵量は、37億バレル(2015年1月1日現在)。2014年の原油とコンデンセートの生産量は、日量79万バレルだった。石油の消費量は、同170万バレル。主要6製油所を含む総精製能力は、同110万バレル。一方、天然ガスの確認埋蔵量は、103兆4,000億立方フィート(同)。2013年の生産量は、2兆5,000億立方フィート、国内消費量は、1兆4,000億立方フィートだった。

 

≪ノルウェー≫

ノルウェーは、欧州最大の原油生産国で、世界第3位の天然ガス輸出国である。原油の確認埋蔵量は、54億9,700万バレル(2015年1月1日現在)、全量がノルウェー領の大陸棚に存在するという。2014年の原油の生産量は、日量190万バレルで、前年に比べ3%増加した。石油精製能力は、同34万6,000バレルだ。原油の輸出量は、同128万バレルで、ほぼ全量が欧州向けに供給された。一方、天然ガスの確認埋蔵量は、72兆立方フィート(同)。2014年の生産量は、日量3兆8,000万立方フィートで、約95%が輸出に向けられた。大半がパイプラインで欧州諸国に輸送される。