HOME > お知らせ > 29日午前 原油は小反発、米リグ稼働数の減少を手掛かりに

お知らせ

29日午前 原油は小反発、米リグ稼働数の減少を手掛かりに

2016.02.29

11時15分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場(4月限)は前日比22セント高の33.00ドル/バレ ル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(4月限)は同33セント高の35.43ドル/バレルといずれも小幅に反発している。

米石油サービス会社のベーカーヒューズが26日発表した米国における石油リグ(掘削装置)の稼働数が400基と前週から13基減少した。これを受け、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の野神隆之主席エコノミストは、「米国の生産が減少するとの見方から買いが入っている」と指摘した。

日経平均株価は前日比84円62銭高の1万6,273円03銭で推移している。一方、ドル円相場は1ドル113.45円と、前日17時時点(112.84円)からドル高・円安方向に振れている。