HOME > お知らせ > 関電=関西地域向けの新料金体系、28日から受付開始

お知らせ

関電=関西地域向けの新料金体系、28日から受付開始

2016.07.28

関西電力は27日、関西地域の利用者向けに、電気の新たな料金体系を発表した。28日から受付を開始する。10月1日に始まる新たなサービスでは、現行の契約が従量電灯Aで1カ月の使用量が350kWhの利用者の場合、年間で約3,500円、3%程度を節約できるという。期間限定のキャンペーン中に申し込めば、2017年3月分までの割引を1%上乗せする。10月から契約すれば、年間で約4,000円安くなる。加えて、ポイントサービスで貯まる1,100円相当を含めれば、年間の節約額は合計約5,100円に達する。ただし、ポイントの電気料金への充当については、今後、検討していくという。新サービスの対象地域は、滋賀県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県(一部地域を除く)、福井県の一部地域、岐阜県の一部地域、三重県の一部地域。