HOME > お知らせ > 14日午後 原油は反落、材料難でポジション調整が先行

お知らせ

14日午後 原油は反落、材料難でポジション調整が先行

2017.02.14

 17時15分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場(3月限)は前日比15セント高の53.08ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(4月限)は同18セント高の55.77ドル/バレルで推移している。
 大手邦銀の関係者は、「きょうは主要な経済指標の発表もなく材料難の中、ポジション調整の買戻しが相場を先行している」と述べた。
 日経平均株価は前日比220円17銭安の1万9,238円98銭で引けた。ドル円相場は1ドル113.54円と、午前11時15分時点(113.66円)からドル安・円高方向に振れている。