HOME > お知らせ > 21日午後 原油は反発、ポジション調整の買戻しで

お知らせ

21日午後 原油は反発、ポジション調整の買戻しで

2017.03.21

17時15分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場(4月限)は、前日比35セント高の48.46ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(5月限)は、同29セント高の51.91ドル/バレルで推移している。大手邦銀の関係者は、「新規材料が市場にみられない中、ポジション調整の買戻しが相場を下支えしている」と述べた。
ドル円相場は1ドル112.80円と、午前11時15分時点(112.60円)からドル高・円安方向に振れている。